ロードス島年代記 第1章 シージ

ロードス島年代記 第1章 シージ

1444年の東地中海

聖ヨハネ騎士団でプレイした結果を年代記風にまとめた長編リプレイです。
EU4をご存知の方を想定して、なるべく脚色せずにプレイの過程がわかるように書いています。

はじめに

歴史上の聖ヨハネ騎士団とロードス島
聖ヨハネ騎士団は十字軍に起源を持つ宗教騎士団。
本拠地を移すにしたがってロードス騎士団、マルタ騎士団とも呼ばれた。その組織は現在も存続している。
中東の拠点が陥落した後は東地中海のロードス島に本拠地を移し、海軍(被害者から見れば海賊)となってイスラム勢力と戦った。
1522年、オスマン帝国が400隻の船団と10万人の兵でロードス島に来襲。騎士団側は7千人で必死の攻防戦を繰り広げたが、オスマン軍の圧倒的物量の前にロードス島を明け渡した。
 聖ヨハネ騎士団
 ロードス島包囲戦

プレイした時の条件は次のとおりです。

 開始国は聖ヨハネ騎士団
 開始年は1444年
 難易度は普通
 鉄人モード有効(やりなおし禁止)

また、歴史的背景にもとづいて自分なりの達成目標を次のように設定しました。

 第1目標:聖ヨハネ騎士団の存続
 第2目標:ロードス島の死守
 第3目標:聖地エルサレムの奪還

DLCは当時最新の「Rule Britannia」までをすべて導入しています。
プレイは日本語化環境でおこない、本文中の用語は原則として当時の翻訳を用いました。
本文中の出来事は歴史的事実の解説を除いてすべてフィクションです。実在の人物・団体などとは関係ありません。

凡例

このリプレイでは様々な枠を使いわけています。
おおざっぱに黒い太枠は出来事、白い太枠はプレイヤーの考えとだけ覚えてください。
また、文中で単に「騎士団」と書いている場合は、聖ヨハネ騎士団のことを指します。

この枠には出来事を起きた順番に記述します。
この枠にはプレイヤーの考えを記述します。
この枠にはルール的な説明を記述します。
この枠にはその他の補足を記述します。

この枠には歴史的事実を記述します。リンク先はすべてWikipediaになっています。

今そこにある危機

<プレイ開始時の状況>

 自国の領土はロードス島のみ。
 外交関係はヴェネツィアによる独立保障のみ。
 国教はカトリックだが、ロードス島の宗教は正教会(ギリシャ正教)
 騎士団の主要文化はフランス系だが、ロードス島の文化はギリシャ系。

 これは西欧の貴族からなる騎士団がロードス島に間借りしている状態を表しています。

ヴェネツィア共和国
イタリア北東部のヴェネツィアを本拠地とした共和国。東地中海貿易により栄えた。
 ヴェネツィア共和国

<基本戦略>

騎士団の滅亡を回避しながら、新大陸に植民地を作ってヨーロッパから脱出する。
 外交でロードス島に対する他国の侵攻を防ぐ。
 植民地を建設するのに必要な能力を獲得する。

宗教的・文化的対立を取り除かないと、反乱が起きていきなり滅亡する恐れがあるな。
1444年 騎士団艦隊が東地中海でイスラム諸国の海岸を襲撃する。
海岸の襲撃
海賊としての側面を表現するため、聖ヨハネ騎士団には「海岸の襲撃」能力がある。
海軍に命令して自国の近海にある異教徒の国から金と水兵を略奪することができる。
DLC「Mare Nostrum」が必要。
海賊は予想外に儲かる商売だった。序盤に大金が手に入ったのは大きい。
1449年 騎士団はロードス島住民が騎士になることを許可し、ギリシャ文化を受容した。

実際の歴史では騎士は西欧貴族に限られ、ロードス島住民は船乗りとして協力した。

1453年 騎士団がロードス島住民をカトリックに改宗し、反乱が終息する。
宗教的・文化的対立の解消に成功。序盤の危機はなんとか切り抜けられたようだ。
1458年 オスマンの攻撃によりビザンツが滅亡する。

オスマン帝国
トルコ人の皇帝を戴く多民族帝国。イスラム教国だが多様な宗教が許容されていた。
ビザンツ帝国を滅ぼしてコンスタンティノープルを自国の首都とした。
 オスマン帝国
 コンスタンティノープルの陥落

ビザンツ帝国
古代ローマ帝国が東西に分裂して以降の東側の国家。東ローマ帝国とも呼ばれる。
 ビザンツ帝国

歴史から遅れることわずか5年でビザンツ帝国が滅ぼされた。
歴史どおりに進むと64年後の1522年にはロードス島が陥落してしまう。
ロードス島の死守が第一だが、もしもの時のためにヨーロッパからの脱出を急がねば。

1458年の東地中海

西から来た男

1461年 騎士団がヴェネツィアと軍事同盟を結ぶ。
独立保障だけでは心もとなかったところ、ヴェネツィア側より軍事同盟を提案された。
ヴェネツィアと同盟が結べるチャンスを見逃すわけにはいかない。
1465年 ヴェネツィアが騎士団に対する独立保障を取り消す。
なぜ独立保障を取り消されたのかわからないが、軍事同盟を結んでおいてよかった。
1469年 騎士団がアイデア「新世界探索」を採用する。
アイデア
国家の特徴を自由にカスタマイズできるルール。スキルツリーのようなもの。
アイデアは複数のグループにわかれ、汎用のものと国家に固有のものがある。
新世界探索を採用した効果で、未知領域の探検に必要な「探検家」が雇えるようになった。しかし、ロードス島は地中海の東端にあるため、現在の植民範囲ではヨーロッパの外を探検することができなかった。
植民範囲
未知領域の探検や植民地の建設ができる範囲は「植民範囲」によって制限される。
植民範囲は外交技術のレベルアップのほか、アイデアや顧問によって増やすことができる。
DLC「El Dorado」を使用していない場合は、未知領域の探検と植民範囲は無関係。
1470年 オスマンがクリミアを属国にする。

クリミア・ハン国
黒海沿岸のクリミア半島を中心とした国。モンゴル帝国の継承国家のひとつ。
 クリミア・ハン国

オスマンはまともに喧嘩して勝てる相手ではなくなった。攻め込まれる前に脱出しないと。
1474年 騎士団がアイデア「海外探検」を採用する。
植民範囲が大幅に拡大したが、まだヨーロッパの外に出ることはできなかった。
1482年 騎士団に探検家コロンブスが登場する。

クリストファー・コロンブス
探検家にして征服者。大航海時代の西洋人としては初めてアメリカを「発見」した。
実際の歴史ではスペインの支援を受けて探検航海をおこなった。
 クリストファー・コロンブス

なんとコロンブスが騎士団の一員に!
世界に先駆けてアイデア「新世界探索」を採用していたのが功を奏したようだ。

ロードス島とコロンブス

海と大陸

1483年 オスマンがヴェネツィアに宣戦布告。騎士団も同盟国として参戦する。
攻撃側:オスマン、クリミア、他
防御側:ヴェネツィア、ジェノヴァ、聖ヨハネ騎士団、他

ジェノヴァ共和国
イタリア北西部のジェノヴァを本拠地とした共和国。
 ジェノヴァ共和国

<タラント湾海戦>

ヴェネツィア艦隊とオスマン艦隊が激突。互角の戦闘を繰り広げる。
 
コロンブス率いる騎士団艦隊が合流。ヴェネツィア側が優勢になる。
 
オスマンの増援艦隊が来援。一転して形勢が不利になる。
 
ヴェネツィア艦隊の敗北。以後、地中海の制海権はオスマン連合軍に握られる。

1484年(戦争2年目)
オスマン軍6千がロードス島に上陸し、騎士団7千と交戦。大激戦の末、水際で撃退する。
要塞に籠城せずにオスマン軍を撃退できたのは日頃の鍛錬のおかげだろう。
オスマン軍は砲兵を配備しており、砲兵のいない騎士団との技術力の差に焦りを覚えた。
1485年(戦争3年目)
前回の3倍のオスマン軍1万8千がロードス島に上陸。騎士団は要塞に籠城した。
攻防戦7ヶ月目、オスマン軍が要塞の城壁を崩落させる。
攻防戦9ヶ月目、ついに要塞が陥落。騎士団の守備隊は整然と要塞から退去した。

歴史上の攻防戦では、オスマン軍は地下坑道で火薬を爆発させ、城壁を破壊した。

1486年(戦争4年目)
騎士団はオスマンからの寛大な和平提案を受諾。条件は賠償金の支払いのみだった。
イスラム勢力にあくまで徹底抗戦するという騎士団の存在理由を否定するようで悔しいが、ここは生き延びるのに最善の選択をしよう。

歴史上の騎士団も1522年のロードス島陥落の際に名誉ある降伏を受け入れている。

1487年 ジェノヴァ、ヴェネツィアが相次いで敗北し、戦争が終結する。
両国はオスマンに領土を割譲し、クレタ島を除いて東地中海からカトリック勢力が消えた。
ロードス島は孤立した。次にオスマンが攻めてくるとすれば目標はロードス島に違いない。

1487年の東地中海

ニュー・ワールド

1488年 騎士団の外交技術がレベル7になる。
技術向上で植民範囲が一気に広がり、ヨーロッパの外に探検隊を送り出せるようになった。
これまで戦争や海賊をさせていたコロンブスにようやく本来の仕事をさせられる。
1489年 コロンブス率いる探検隊がカリブ海の小アンティル諸島に到達する。
歴史上より3年早い新大陸発見! コロンブス提督万歳!!
その直後、ハンガリーがヴェネツィアに宣戦布告。騎士団も同盟国として参戦する。
攻撃側:ハンガリー、他
防御側:ヴェネツィア、ジェノヴァ、聖ヨハネ騎士団、他
なぜこんな時に・・・
海軍力では圧倒しているので戦争は放置して探検航海に専念しよう。
1490年(戦争2年目)
コロンブス率いる探検隊が南アメリカのアマゾン川河口に初上陸する。
まだ誰も入植していない。植民するなら今のうち・・・と思ったが、植民範囲の外だった。

コロンブス探検隊の初上陸

コロンブス率いる探検隊と小アンティル諸島の先住民が初めて衝突する。
コロンブスは先住民を皆殺しにしようとする部下を制止し、住民と和解した。
不幸な歴史を繰り返さないため、歴史とは正反対の選択肢を選んだ。
オーストリアがハンガリー側で参戦。戦争の流れが変わり、騎士団に不利になる。

1491年(戦争3年目)
コロンブス率いる探検隊が西アフリカで植民可能な土地を発見する。

しかし、ここも遠すぎて植民できない。万事休すか。
外交技術があと2レベル向上すれば植民範囲が拡がるが・・・その時間があるだろうか。
マムルークがヴェネツィアに宣戦布告。騎士団も同盟国として参戦する。
攻撃側:マムルーク、他
防御側:ヴェネツィア、聖ヨハネ騎士団、他

マムルーク朝
エジプトを中心としたイスラム王朝。
マムルーク(奴隷身分の騎兵)から君主が出たためマムルーク朝と呼ばれる。
 マムルーク朝

第二の敵が出現。ジェノヴァはヴェネツィアとの同盟を破棄した。ここは考えどころ。
熟考の末、騎士団はヴェネツィアとの同盟なしには生きていけないと考えて参戦した。
心配なのは地中海の外で活動中のコロンブス探検隊がロードス島に帰れなくなること。
<ガベス湾沖海戦>(対マムルーク連合軍)

艦隊同士の小競り合いに、帰還途中のコロンブス探検隊が巻き込まれる。
 
マムルーク艦隊が大挙して来援する。
 
コロンブス探検隊は命からがらロードス島へ帰還した。

<ヴェネツィア湾海戦>(対ハンガリー連合軍)

ガベス湾沖に救援に向かおうとした騎士団艦隊、ヴェネツィア艦隊が、それを阻止しようとするハンガリー艦隊、オーストリア艦隊と交戦。
 
序盤は優勢だったが、敵の主力艦隊が到着して形勢が逆転する。
 
ヴェネツィア連合軍の敗北。両海戦以後、ヴェネツィア連合軍は地中海の制海権を失った。

1492年(戦争4年目)
ジェノヴァが敗北を認め、ハンガリーと単独講和する。
ヴェネツィア以外の味方がいなくなった。この戦争は本当に勝てるのか?
ミラノがヴェネツィアに宣戦布告。騎士団も同盟国として参戦する。
攻撃側:ミラノ
防御側:ヴェネツィア、聖ヨハネ騎士団

ミラノ公国
イタリア北部の都市ミラノを首都とした国家。
 ミラノ公国

第三の敵が出現。騎士団以外のすべての同盟国がヴェネツィアを見捨てた。
こうなれば最後までヴェネツィアと運命を共にするまで!
1493年(戦争5年目)
騎士団の外交技術がレベル8になる。
外交技術がレベル9になれば植民範囲が広がる。しかし、もう時間は残されていない・・・
マムルーク軍1万2千がロードス島に上陸。騎士団は要塞に籠城する。
対ハンガリー戦争がヴェネツィアの敗北に終わる。
残るはマムルーク、ミラノとの戦争だが、まもなくオスマンとの停戦が終了する。
ここでオスマンが攻めてくれば完全に詰んでしまう。もはや打つ手なしか?
1496年(戦争8年目)
2年10ヶ月におよぶ攻防戦の末、ロードス島が陥落する。
マムルークからの寛大な和平提案を受諾して戦争は終結した。
オスマンより技術力で劣るマムルークは砲兵を配備していなかった。
それがこれだけ長期間にわたって騎士団が戦い続けられた理由である。
1499年 ヴェネツィアが相次いでミラノ、マムルークに敗北し、戦争が終結する。
オスマンは攻めてこなかった。二度目の敗北を味わったものの、騎士団はピンチを逃れた。

1499年の東地中海

次回予告

二度にわたるロードス島攻防戦を切り抜けた聖ヨハネ騎士団だったが、歴史上のタイムリミットである1522年は目前に迫っていた。はたして新大陸への脱出は間に合うのか?