日本プレイの基礎知識 〜 プレイの準備

日本プレイの基礎知識 〜 プレイの準備
(2018年9月15日追記)
EU4のバージョンアップにより、ルールが若干変わっています。この記事は旧バージョンに合わせて書いたものです。

EU4を日本でプレイする方に向けた基本的なアドバイスをご紹介します。
連載全3回の第1回となる今回のテーマは「プレイの準備」です。

こちらに一般的なプレイのヒントを掲載しています。併せてお読みください。
  初心者に向けた序盤のヒント
日本の大名・将軍でプレイする際に役立つMODを作成しました。
ご利用にはEU4の最新バージョンに対応した日本語化MODが必要です。

  Japan Tweaks
  Japan Tweaks English Ver.(英語版)

日本は初心者向きではありません

最初にお断りしておきますが、初心者がいきなり日本でプレイすることはお勧めしません。

それは次のような理由があるからです。

 わずかな失敗で滅亡する
 日本独自のルールが多い
 外交関係の把握が難しい
 技術で西洋に遅れを取る

日本以外に興味のある国がある場合は、まずそちらを数回プレイしてシステムに慣れてください。
あくまで日本プレイにこだわる場合は、次に挙げる比較的簡単な条件ではじめてみてください。

プレイする国の選び方

国を選択する際に確認しておきたいのは「国家規模」「開発」「要塞レベル」の3点です。
これらの数値は国を選択する時に、画面右上の「アイデア」と「外交」の間に表示されます。
いずれも数値が大きいほど国が滅びにくくなります。

 国家規模・・・国内の州の数を表します
 開発・・・・・総合的な国力を表します
 要塞レベル・・国の防衛能力を表します

初めて日本でプレイする場合は、これらの数値が大きい有力大名か将軍を選びましょう。

プレイする年の選び方

EU4は1日単位でプレイ開始日を選択することができます。
例えば、桶狭間の戦いの直後(1560年6月12日)などからプレイを開始することも可能です。

しかし、本作の舞台は全世界です。
1560年の中南米はスペインによって征服されたあとで、日本が進出する余地はありません。

歴史の改編を目指す場合は、早い年代から開始する方が有利になります。
あくまで特定の年代にこだわる場合は、西洋との技術力に差が出ることを覚悟してください。

日本プレイのおすすめ国

上で説明したことを前提に、初めてのプレイにおすすめの国をご紹介します。
日本プレイに慣れてきたら、感情移入できる国と年代を自由に選んでください。

1444年から開始する場合

 足利・・・将軍、国家規模2、開発21、要塞レベル1
 細川・・・大名、国家規模4、開発41、要塞レベル1
 山名・・・大名、国家規模4、開発29、要塞レベル1
 上杉・・・大名、国家規模3、開発33、要塞レベル1
 大内・・・大名、国家規模2、開発19、要塞レベル3
 畠山・・・大名、国家規模2、開発16、要塞レベル3

EU4の標準開始年である1444年の場合です。年代的には応仁の乱が起きる前になります。
上からそれぞれ足利義政、細川勝元、山名持豊(宗全)が君主です。上杉家は関東管領です。

1560年から開始する場合

 足利・・・将軍、国家規模1、開発13、要塞レベル1
 毛利・・・大名、国家規模3、開発28、要塞レベル3
 大友・・・大名、国家規模3、開発27、要塞レベル3
 上杉・・・大名、国家規模2、開発18、要塞レベル3
  武田・・・大名、国家規模2、開発15、要塞レベル1
  北条・・・大名、国家規模2、開発23、要塞レベル7
  織田・・・大名、国家規模1、開発10、要塞レベル3

桶狭間の戦いの直後から開始する場合です。プレイの難易度は高くなります。
上からそれぞれ足利義輝、毛利元就、大友義鎮(宗麟)が君主です。上杉家は上杉憲政です。
上杉政虎(謙信)を登場させたい方は、1561年3月16日以降から開始してください。

需要があると考えて一覧に加えましたが、武田・北条・織田は難易度が高めです。
織田家でプレイする場合は、領地が増えた1570年前後から開始すると若干楽になります。

安土桃山時代以降から開始する場合

(2018年9月13日追記)
EU4のバージョンアップにより、織田家は将軍ではなく他の大名を属国とする独立国扱いに変更された模様です。以下の文章は旧バージョン(1.25.1.0)の時のものです。

(2018年9月19日追記)
色々調べた結果、織田家が将軍にならないのは不具合である可能性が高くなりました。
このページの冒頭で修正用のMODを紹介しております。必要に応じてご利用ください。

これ以降は将軍(織田・徳川)以外でプレイする場合の難易度が非常に高くなります。
参考として日本の情勢が大きく変わるタイミングをご紹介します。

1573年7月3日(室町幕府の滅亡)以降は織田家が(ゲーム上の)将軍扱いになります。
1582年6月21日(本能寺の変)以降は織田家の君主が豊臣秀吉に変わります。
記事を書いた時点では豊臣家という国は存在しません。国旗(家紋)も織田家のままです。

1592年5月25日から朝鮮出兵(文禄・慶長の役、Imjin War)が開始されます。
1598年9月18日に将軍が秀吉から秀頼に変わり、同年12月24日に朝鮮出兵が終了します。

1598年12月25日以降は織田家(=豊臣家)と徳川家が戦争状態になります。
1600年9月13日に勢力配置が関ヶ原前夜の情勢に変更されます。
1600年10月21日(関ヶ原の戦い)を境に徳川家が勢力を拡大して戦争状態が終了します。

1603年3月24日(江戸幕府の成立)以降は将軍が徳川家に変わります。
1615年6月4日(大坂夏の陣)を境に織田家(=豊臣家)は完全に消滅します。

上記の日付はすべてゲーム中のものです。歴史上の日付とは必ずしも一致しません。
ゲームで使用されている日付は原則として太陽暦ですが、一部和暦の日付がそのまま使用されているようです。


次回は日本プレイの独自ルールをご紹介します。