グラナダの興亡(短編)

グラナダの興亡(短編)

グラナダの位置

グラナダでプレイした結果をまとめたリプレイ(AAR)です。
初心者と中級者のどちらでも楽しめるスタイルを目指しました。

はじめに

このリプレイ(AAR)では、興味のある方だけに詳しい説明をお届けできるように、補足説明は次のような形式で折りたんであります。必要に応じて開いてお読みください。

グラナダの紹介

今回プレイしたグラナダは、西ヨーロッパでイスラム教を信仰する唯一の国です。
そのグラナダも、まもなくレコンキスタ(再征服運動)の名の下に滅ぼされようとしています。

EU4のバージョンは1.26.1.0。DLCは当時最新の「Dharma」までをすべて導入しています。
プレイは日本語環境でおこない、本文中の用語は原則として当時の翻訳を用いました。
本文中の出来事は歴史的事実の解説を除いてすべてフィクションです。実在の人物・団体などとは関係ありません。

グラナダの周辺地図
(国境はプレイ開始時のもの)

<グラナダの国土>

 国土は首都グラナダを含む3州しかありません。
 国内に異教徒・異文化はなく、進行中の反乱もありません。

<グラナダの政治>

 政体は首長国(君主制)で、イクター制を採用しています。
 国教はイスラム教のスンナ派です。

<グラナダの外交>

 カスティーリャ、アラゴン、ポルトガルと停戦中です。
 今回のプレイではポルトガルからライバル指定されていました。

<グラナダの君主>

 ムハンマド9世(ナスル朝)43歳(統治1 / 外交1 / 軍事0)

開幕

1444年の西地中海

1444年
グラナダがモロッコ、チュニスと軍事同盟を結ぶ。
グラナダは北アフリカの大勢力モロッコ、チュニスと同盟を結ぶことに成功した。
調子に乗ったグラナダは、ライバルのポルトガルに教養豊かな侮辱を送りつけた。
いわく「貴国が地図上に存在する限り、地図は決して芸術になり得ないだろう」
1445年
グラナダがモロッコ、チュニスと王室間の婚姻を結ぶ。
モロッコとチュニスも互いに同盟を結び、ここに強固な三国同盟が成立した。
1448年
カスティーリャとの停戦が終了。
1449年
ポルトガル、アラゴンとの停戦が終了。
1452年
統治技術がレベル4に到達。
敵対する周辺諸国との停戦が終了し、次第に緊張が高まる中、強力な同盟国の存在を背景にグラナダはまだ平和を謳歌していた。しかし、その平和は長く続かなかった・・・

第1次グラナダ攻防戦

1453年の西地中海

1454年
カスティーリャがグラナダに宣戦布告。

攻撃側:カスティーリャ、ナバラ
防御側:グラナダ、モロッコ

北の大国カスティーリャが突如としてグラナダに侵攻を開始した。
その兵力はグラナダ軍を大きく上回っており、同盟に応じて参戦したモロッコ軍と合わせてようやく互角に戦うことができる。
ジブラルタル海峡を南に渡り、モロッコ軍との合流を目指すグラナダ軍であったが・・・

第一次ジブラルタル海戦

三度にわたってジブラルタル沖で繰り広げられた海戦の結果、ジブラルタル海峡の制海権はカスティーリャの手に落ち、グラナダ軍とモロッコ軍の合流は阻止された。
1455年(戦争2年目)
カスティーリャ軍がグラナダの首都グラナダを包囲する。
グラナダ軍がカスティーリャの首都トレドを包囲する。
首都グラナダはカスティーリャの大軍によって包囲され、陥落するのは時間の問題。
グラナダ軍は窮余の一策として、カスティーリャの首都トレドへの逆侵攻を開始した。
1456年(戦争3年目)
グラナダ軍により、カスティーリャの首都トレドが陥落。
グラナダがカスティーリャにアルメリアの割譲を申し出て講和が成立。
カスティーリャの首都トレドを占領したグラナダ軍は、領土の一部を差し出すことで和平を結ぶことに成功した。それはまさに首都グラナダが陥落する寸前の出来事であった。

グラナダの周辺地図
(国境はプレイ開始時のもの)

第2次グラナダ攻防戦

1456年の西地中海

1456年
グラナダが再びチュニスと軍事同盟を結ぶ。
1459年
グラナダにモスクが完成。
先の戦争に参戦しなかったチュニスと改めて同盟の誓いを交わした。
モスクの効果により税収が大きく増加し、戦争中でも黒字を維持できるようになった。
1461年
統治技術がレベル5に到達。探検アイデアを解放。アイデア「植民地探検」を獲得。
植民地探検のアイデアを得たことで海外に植民地を作れるようになった。
植民地を作るためには未開の土地の発見が必要なので、次の目標は探検家を雇うアイデアの獲得である。
1462年
カスティーリャとの停戦が終了。
1463年
カスティーリャがグラナダに宣戦布告。

攻撃側:カスティーリャ
防御側:グラナダ、モロッコ

開戦と同時にカスティーリャの大軍が首都グラナダに迫る。
グラナダ軍はジブラルタル海峡を渡ってモロッコへの脱出を目指すが、カスティーリャ軍の動きの方がわずかに早かった。
脱出に必要な時間を稼ぐため、グラナダ軍は自ら王都に火を放った。
ジブラルタル海峡の南側はポルトガル領セウタである。
グラナダ軍は中立を守るポルトガルから軍事通行権を獲得すると、ジブラルタル海峡を渡りモロッコへの脱出に成功した。
安心したのもつかの間、ヨーロッパへ逆侵攻する気満々のモロッコ軍の動きに合わせ、再び海峡を北上。
イスラム連合軍はポルトガルを通過してイベリア半島北部に進出すると、カスティーリャの領土を蹂躙しはじめた。
1464年(戦争2年目)
カスティーリャ軍により、グラナダの首都グラナダが陥落。
イスラム連合軍により、イベリア半島北部の要塞カスティーリャ・ラ・ビエハが陥落。
グラナダの陥落により、戦争の形勢はカスティーリャ側に大きく傾いた。
しかし、直後にカスティーリャ・ラ・ビエハが陥落したことで戦争は振り出しに戻る。
1465年(戦争3年目)
トレドでイスラム連合軍とカスティーリャ軍が決戦(トレド会戦)
カスティーリャの首都トレドを包囲中の連合軍を攻撃すべく、カスティーリャ軍が北と西の2方面から迫っていた。連合軍はトレドの包囲を解き、脱出を試みるが・・・

トレド会戦

1466年(戦争4年目)
イスラム連合軍により、カスティーリャの首都トレドが陥落。
カスティーリャがグラナダにカディスを割譲することで講和。
トレド会戦の敗戦から立ち直った連合軍は再びトレドの包囲を再開。
グラナダ、カスティーリャ両国の疲弊はとうに限界に達しており、首都トレドの陥落によりグラナダに有利な条件で和平が結ばれた。

グラナダの周辺地図
(国境はプレイ開始時のもの)

幕間劇

1467年の西地中海

カスティーリャの侵攻を撃退し、歓喜に沸く王宮に衝撃が走った。
首長・ムハンマド9世が運動中の負傷がもとで死亡したのである。享年65歳。
<新君主>

 ムハンマド10世(ナスル朝)21歳(統治3 / 外交3 / 軍事1)

1466年
グラナダで僭称者反乱軍が蜂起。
悲劇はこれだけでは終わらなかった。
新君主の即位と同時に真の王を称する反乱軍1万が蜂起。
鎮圧を試みたものの反乱軍の士気は異様に高く、王党派は都落ちを余儀なくされた。
さらに、地方で兵を召集していた王党派を反乱軍が急襲。王党派は手痛い敗北を喫した。
1468年(反乱3年目)
首都グラナダが反乱軍の手に落ちる。
1469年(反乱4年目)
反乱軍が新王朝スレイマン朝の成立を宣言。
<新君主>

 タリク1世(スレイマン朝)19歳(統治4 / 外交4 / 軍事2)

反乱軍を鎮圧できず、とうとう王朝が交代してしまった。
ナスル朝最後の首長・ムハンマド10世は処刑されてこの世を去った。享年24歳。
弱冠16歳で前王朝に反旗を翻した若き首長は果たして名君として歴史に名を残せるか?
1470年
長期化していたチュニスとアラゴンの戦争が終結。アラゴンが北アフリカに進出する。

1470年の西地中海

1471年
アイデア「新世界の探索」を獲得。
カディスのキリスト教徒をスンナ派に改宗。
新世界の探検のアイデアを得たことで、探検家を雇い探検航海に乗り出せるようになった。
さらに先の戦争で征服したカディスの異教徒に真の信仰を広め、内戦の混乱に揺れる国内に落ち着きを取り戻した。

第3次グラナダ攻防戦

グラナダの周辺地図
(国境はプレイ開始時のもの)

1472年
カスティーリャが停戦の終了と同時にグラナダへ宣戦布告。

攻撃側:カスティーリャ、ポルトガル
防御側:グラナダ、モロッコ

今回はついにカスティーリャの同盟国ポルトガルが参戦した。
この年、アラゴンに大敗北を喫したチュニスでは内戦が勃発。
フェザーン、トレムセンが軍事介入し、チュニス、モロッコとの間で戦争に発展していた。
海戦が終わる前にジブラルタル海峡を渡ろうとしたグラナダ軍であったが、あっという間に決着がついたため、あきらめて一路カスティーリャの首都トレドを目指す。
グラナダ軍が国境を越えると同時に、首都グラナダはカスティーリャ軍に包囲された。
1473年(戦争2年目)
バダホスでグラナダ軍とポルトガル軍が交戦(バダホス会戦)
カスティーリャの首都トレドを目指して一路北上するグラナダ軍と、モロッコを目指し南下しようとするポルトガル軍が出会い頭に衝突して遭遇戦に突入した。

バダホス会戦

偶発的な衝突から始まった戦闘により、グラナダ軍はすべての戦力を失った。
もはやモロッコ軍の善戦を祈るしかない。
この時、大西洋に派遣した探検隊が西アフリカ沿岸に植民可能な土地を発見した。
しかし、すでになにもかもが手遅れであった。
カスティーリャ軍により、グラナダの首都グラナダが陥落。
カスティーリャ軍とポルトガル軍はジブラルタル海峡を越えてアフリカに侵入した。
1474年(戦争3年目)
グラナダ全土がカスティーリャ軍に占領される。
1476年(戦争5年目)
モロッコの首都フェズが陥落。
フェズをポルトガルへ割譲することを条件に、モロッコが単独講和する。
フェズが陥落する直前、チュニスの内乱に端を発した戦争は、チュニス、モロッコ連合軍の勝利でようやく終結していた。

しかし、モロッコ本土はカスティーリャとポルトガルに占領され、モロッコ軍が帰る場所はもはや残されていなかった。

モロッコが戦争から脱落したことで、グラナダの最後の希望は絶たれた。

1477年(戦争6年目)
グラナダはカスティーリャに無条件降伏。カスティーリャに全土併合された。

1477年の西地中海

反乱の指導者から身を起こし新王朝の創始者となったタリク1世は、カスティーリャで異端審問にかけられ処刑された。
不幸なタリク1世はグラナダを滅ぼした最後の君主として歴史に汚名を残した。享年27歳。

終劇

お読みいただいたとおり、歴史より15年早くレコンキスタが完了してしまいました。
国土をすべて失ったため、グラナダでのプレイはここでゲームオーバーになりました。

冒頭の歴史紹介にございますように、ジブラルタル海峡の支配権を失ったことと、国内で発生した権力闘争が、実際の歴史でもグラナダの衰退に影響を与えたようです。

本来ならばこんな短いプレイをわざわざ文章には書き起こさないところですが、たまには失敗したリプレイ(AAR)があってもいいかと思い、あえて恥をさらすことにしました。

すこしでも楽しんでいただけたならば幸いです。

お口直しにこちらのリプレイ(AAR)もお読みください。

脚色を加えた物語風のリプレイをお読みになりたい方:
  信長狂詩曲

プレイ内容を詳細に記録した成功プレイをお読みになりたい方:
  ロードス島年代記


  本サイトのトップページへ