自作MOD紹介 〜 フォント改造計画

自作MOD紹介 〜 フォント改造計画

筆者がEU4向けに作成したMODをご紹介します。
ご紹介しているMODはすべて日本語化した鉄人モードで使用することができます。

MODとは一般にユーザーが作成した改造データのことを指します。
鉄人モードとはプレイの途中でやり直しをすることができないモードです。
EU4のMODには鉄人モードで使用できるものと、できないものの2種類があります。
前者はグラフィックやインターフェイスだけを変更するMODです。セーブデータに影響を与えないため、好きな時にオン・オフを切り替えることができます。

フォント改造計画とは?

日本語環境のプレイヤーに好きなフォントで遊ぶ楽しさを知ってもらう計画です。

 第一段階:あらゆるフォントをお手軽に一括で変更します。
 第二段階:マップフォントを複数の選択肢から自由に選べるようにします。
 第三段階:日本語環境のまま、豊富な英語マップフォントを使えるようにします。

各段階は独立しています。
どれかひとつだけ、または好きな組み合わせで導入することができます。

例えば、地の文には日本語化MODの標準フォントを使いながら、マップフォントだけを変更する使い方も可能です。

どれを選べばいいかわからない方は、第一段階か第二段階の中からどれかひとつを選んで導入してみてください。

第一段階:フォントを総合的に改造する

 正式対応バージョン・・・1.28
 鉄人モード・・・・・・・使用可能
必ずお使いのバージョンに対応したMODをご利用ください。

  +JPMOD Font Renaissance for 1.28(バージョン1.28専用)
  +JPMOD Font Renaissance for 1.27(バージョン1.27専用)


MODを適用した画面の例

<特徴>

 ゲームに適した読みやすい英数字と、イベントに適した味のある日本語の両立。
 概要(画面右端の一覧表)の横幅を広げて情報量を増やします。
 これはすべて(のフォント)を変えます。

<ご注意>

 対応するバージョンの日本語化MODが必要です。
 インターフェイスを変更する一部のMODとは同時に使用できません。
 MODを受容していない方は、技術コストに毎年1%のペナルティが付与されます。

第二段階:マップフォントを自由に変更する

 正式対応バージョン・・・1.28(任意のバージョンで使用可能)
 鉄人モード・・・・・・・使用可能
  ++JPMOD Map Font Mincho(明朝体)
  ++JPMOD Map Font Kaku Gothic(角ゴシック)
  ++JPMOD Map Font Maru Gothic(丸ゴシック)
  ++JPMOD Map Font Keifont(けいふぉんと)
  ++JPMOD Map Font Kirin(キリンフォント)
  ++JPMOD Map Font Cinderella(シンデレラ)

MODを適用した画面の例(明朝体)
(クリックすると拡大します)

MODを適用した画面の例(角ゴシック)
(クリックすると拡大します)

MODを適用した画面の例(丸ゴシック)
(クリックすると拡大します)

MODを適用した画面の例(けいふぉんと)
(クリックすると拡大します)

MODを適用した画面の例(キリンフォント)
(クリックすると拡大します)

MODを適用した画面の例(シンデレラ)
(クリックすると拡大します)

<特徴>

 原則として、どのバージョンの日本語化MODでも使えます。
 日本語化MODの標準フォントや、拙作ゴシック化MODと組み合わせても使えます。

<ご注意>

 その性質上、同時に有効にできるマップフォントは1つだけです。

第三段階:英語のマップフォントと併用する

EU4のワークショップには素晴らしい英語マップフォントが豊富に公開されています。
しかし、通常はそれらを日本語環境で使用することはできません。

次のMODはマップが英語表記になるという条件つきながら、その制限を取り除きます。

 正式対応バージョン・・・1.28(任意のバージョンで使用可能)
 鉄人モード・・・・・・・使用可能
  +JPMOD English Map Names(アクセント記号をそのままにします)
  +JPMOD English Map Names without Accent(アクセント記号を全部削除します)

MODを適用した画面の例(日本語化MOD標準+英語フォント)
(クリックすると拡大します)

MODを適用した画面の例(拙作ゴシック化MOD+英語フォント)
(クリックすると拡大します)

MODを適用した画面の例(フォント改造計画+英語フォント)
(クリックすると拡大します)

<英語化することの利点>

 豊富に公開されている英語マップフォントMODを利用できるようになります。
 台帳などのリストが正しい順番でソート(並び替え)できるようになります。
 国や州の検索が楽になります(検索機能は画面右下のボタンやFキーで呼び出せます)

<英語化することの欠点>

 英語の地名・国名がわからないと戸惑います。
 同時に日本語のマップフォントを利用することはできません。

<特徴>

 原則として、どのバージョンの日本語化MODでも使用できます。
 日本語化MOD標準フォントや、拙作ゴシック化MODと組み合わせても使用できます。

<ご注意>

 利用できるのは英語のマップフォントだけです。
 州の名前はプレイの途中で英語と日本語を切り替えることができません。

上の画面例には次のMODを使用しています。

 Graphical Map Improvements
 Theatrum Orbis Terrarum (Carthoge Reloaded)

これらのMODはこちらの記事でご紹介しています。
  おすすめMOD 〜 日本語化と共存できるもの(1)


  本サイトのトップページへ